便潜血検査

この検査はどういう検査か知っていますか?

これは、大腸癌検診で行う便潜血検査といいます。ケースの中の綿棒で便をこすって採取しますが、この便の中に微量の血液が混じっていると陽性になります。

この検査は2回便を採取します。

 

大腸癌の粘膜から出血しています。

大腸癌の粘膜は出血しやすいため、便に血液が混じってきますが、常に出血しているわけではないので、大腸癌があるから必ずしも便に血液が混ざるわけではありません。ですので確率を上げるために、2回にわけて便を採取して一度でも検査が陽性であれば、腸の中を詳しく精密検査する全大腸内視鏡検査が必要になります。

 

出血しやすい大腸ポリープ
(一部癌化しています)

便潜血検査で陽性になる確率は報告はいろいろありますが、2−10%程度の方が陽性になるといわれています。私の前職場の統計でも約6%程度の方が陽性になりました。

検査陽性の方に全大腸内視鏡検査を行うと、約40%の方は異常がありませんでしたが、50%の方にポリープ、6%の方に早期癌、4%の方に進行癌が見つかっています。なんと、便潜血陽性になった方の約6割が内視鏡を行うことで治療すべき病変が見つかっています。

出血した場所はどこか?たまたま硬い便でお尻の穴の周りが切れてしまったかもしれませんが、同時に腸の中のポリープや癌からも出血している可能性は十分にあります。検査が陽性になると、都合のいいほうへ考えることが多く、もともと痔を持っているからと精密検査を受けたがらない方が少なくありません。

6月1日から杉並区 区民健康診査がはじまります。

区民健康診査では40歳以上の方には便潜血検査(大腸癌検診)を行うことが可能です。

便潜血検査で陽性になった方は、がんを見つけるチャンスをもらったようなものです。大腸癌は早く見つければ、かなりの確率で完治が望める病気です。必ず大腸内視鏡検査を行い、早期発見につなげていきましょう

参考文献:免疫法便潜血検査陽性にて当院で全大腸内視鏡検査を行った症例の検討~高齢者大腸癌の特徴を中心に~ 日消化器がん検診誌 Vol.52(2), Mar. 2014 233-239