ピロリ菌外来

胃に悪影響を及ぼすピロリ菌を駆除します

ヘリコバクターピロリ菌について

ピロリ菌は胃の粘膜に感染し、強い炎症を起こすことで、様々な病気を引き起こします。よく起こる病気としては胃・十二指腸潰瘍、過形成性ポリープなどですが、長期間感染していると萎縮性胃炎を起こし、その後に胃癌を引き起こす大きな原因となります。日本・中国・韓国は世界的に見ても非常に胃癌が多い地域ですが、東アジアのピロリ菌は胃内に胃癌の原因となる強い炎症を引き起こすピロリ菌であることがわかっております。いわば胃癌は東アジアの風土病と言えるかもしれません。
ピロリ菌は経口感染することがわかっています。昔は衛生環境が良くなかったため、井戸水などで感染したのではないかと考えられていますが、現代の中学生などにも感染が見られています。これはご両親からの感染の可能性が指摘されており、子供への食事の口移しなどが原因ではないかと考えられています。ピロリ菌の除菌は胃癌予防の第一歩であり、除菌をすることで次世代への感染を減らし、胃癌の予防、撲滅に繋がります。ピロリ菌は内服で除菌することが可能です。胃十二指腸潰瘍の既往がある方はもちろん、ご家族に胃癌や胃・十二指腸潰瘍の方がいらっしゃる方、1970年代以前の生まれのかたはピロリ菌がいる可能性があります。ご不明な点があれば、ご相談ください。
 

除菌対象となる方

保険診療でピロリ菌の感染診断・除菌治療を行える方は以下のような方になります。

  • 内視鏡検査にて萎縮性胃炎が認められた場合
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 胃MALTリンパ腫
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 早期胃癌内視鏡治療後

 
人間ドックなどですでにピロリ菌感染がわかっていても、当院で内視鏡を受けていただければ、除菌治療は保険適応となります。また、他院で胃内視鏡を受け、慢性胃炎の診断を受けている方(内視鏡から1年以内)も保険による除菌の対象患者様です。
 

自費診療の対象となる方

  • すでに保険診療で2次除菌まで行い不成功に終わった方
  • 健康診断や人間ドックでピロリ菌感染がわかっているが、胃内視鏡を行いたくない方
  • 保険診療で使用する薬(ペニシリンやクラリスロマイシン)のアレルギーがある方。

ヘリコバクターピロリの検査法

当院では
●ピロリ菌に感染しているかの検査
・採血や尿検査でピロリ菌の抗体を調べます。必ずしも内視鏡を行う必要がありません。
・内視鏡を行なった際に、感染が疑わしい場合には組織の一部を採取して、ウレアーゼ法、培養法もしくは鏡検法にて調べます。
 
●ピロリ菌を除菌後にいなくなったか確認するための検査
<尿素呼気試験>
絶食で来院していただきます。
検査用の袋に息を吹き込みます。その後薬を内服し、20分後にもう一度検査用の袋に息を吹き込みます。内視鏡を行う必要はありません。
 

除菌治療の流れ

・1次除菌
消化性潰瘍治療薬(ボノプラザン)と2種類の抗生物質(クラリスロマイシン・アモキシシリン)を1週間内服していただきます。ボノプラザンを使用する除菌方法により、従来の除菌方法より除菌率がアップし、1次除菌で90%の除菌率となっております。

 


・1次除菌確認
内服終了2ヶ月後以降に来院していただき、尿素呼気試験を行なっていただき、除菌の確認を行います。除菌されていることを確認すれば治療は終了です。

・2次除菌
1次除菌が不成功に終わった場合には、ボノプラザンと抗生剤をメトロニダゾールとアモキシシリンに変更し、もう一度1週間の内服を行なっていただきます。

 


・2次除菌確認
再度、内服終了2ヶ月後以降に来院していただき、尿素呼気試験を行います。2次除菌までで97-98%の患者様の除菌が確認されます。

・もし2次除菌を失敗したら・・・
抗生物質のコンビネーションを変更し3次除菌を行うことが可能ですが、自費診療となります。2次除菌が不成功であった患者様はご相談ください。

*料金*

◯除菌にかかる費用

●保険診療の場合
内視鏡検査とピロリ菌の感染診断
1割 約1500-3800円  3割 約4500-12000円
健診などでピロリ菌陽性と指摘された場合に行う内視鏡検査のみ
1割 約1200円  3割 約3600円
除菌治療 1割 約800円  3割 約2400円
除菌判定 1割 約650円  3割 約1900円
 
●自費診療の場合
ピロリ菌に感染している場合、すでに胃癌ができている場合があり、胃内視鏡検査は行うべきと考えております。内視鏡検査は鎮静剤などを使用し、楽に受けられるように工夫をしておりますが、、どうしても内視鏡検査がしたくないという方のみ自費診療(全額自己負担、税別)をお勧めいたします。

  1. 感染診断 1000円
    • 尿中抗体法によって行います。(そのほかの検査方法でも可能です。ご相談ください)ピロリ菌陽性の時、内視鏡にて胃炎の確認を行わない場合は、自費診療の除菌となります。内視鏡にて胃炎の確認を行なった場合には、保険診療となります。
  2. ピロリ菌陽性であった場合の除菌 15000円(診察+薬剤料)
    • ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医により、診断・治療法・注意事項等について説明があります。できる限り、内視鏡検査にて胃内を細かく検査をして、保険診療による除菌をお勧めいたします。
  3. 除菌後判定 7000円(診察+尿素呼気試験+結果説明)
    • 結果は数日後になります。
  4. 1次除菌失敗時の2次除菌 12000円(診察+薬剤料)
    • ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医により、診断・治療法・注意事項等について説明があります。
  5. 除菌後判定 7000円(診察+尿素呼気試験+結果説明)
    • 結果は数日後になります。
  6. 2次除菌失敗時、薬剤アレルギーの方の3次除菌 10000円から13000円(診察+薬剤料)
    • 治療費は内容により変動します。ご相談ください
  7. 除菌後判定 5000円(診察+尿素呼気試験+結果説明)
    • 結果は数日後になります

診療時間

午前  9:00~12:30
午後  15:00~18:00(土曜は14-17時)
休診日  木曜・第1.3.5日曜・祝祭日
 ※都合により臨時休診になる場合があります。
 
  午前
9:00~12:30
午後
15:00~18:00

完全予約制
小児科・内視鏡は休診

休診 休診
14:00~17:00
9:00~14:00 休診
ささき医院からのお知らせ
4月の休日診療のお知らせ
4/8(日)休日診療[9-14時]
4/22(日)休日診療[9-14時]
4/29(祝日)杉並区休日当番医[9-17時]
【杉並区宮前】
内科・外科・消化器内科・肝臓内科
ささき医院
〒168-0081 東京都杉並区宮前1-14-10
TEL:03-3332-4841
© Sasaki Clinic. All Rights Rserved