消化器・肝臓内科

 口から肛門までの臓器を専門としています

消化器内科

ささき医院では日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医による診療を行なっています。消化器内科は口から肛門までの臓器を専門としています。丁寧な問診、身体診察に加え状況に応じて患者さまに負担の少ない超音波検査や内視鏡検査を行い、的確に診断・治療、ご説明いたします。
 

こんな症状があったり、健康診断で異常を指摘されていないですか?

やけ、喉の違和感、呑酸、食べ物が詰まる感じ、吐き気や嘔吐、食欲低下、消化不良、慢性的なお腹の痛みや不快感、突然の強いお腹の痛み、吐血、血便、便秘・下痢症
 

当院では消化器内科専門医が丁寧な診察と内視鏡や超音波検査、緊急の採血などを行い、以下の代表的な病気の診断・治療ができます。そのほかの疾患ももちろん対応可能です。

  • 逆流性食道炎:外来での内服治療が有効です。
  • ピロリ菌感染胃炎(萎縮性胃炎・慢性胃炎):内服によるピロリ菌除菌治療を行います。
  • 機能性胃腸症:状況に応じて内視鏡検査を行い、外来による内服治療を行います。
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍:内視鏡検査にて診断し、内服治療を行います。
  • 胃癌:適切な診断を行い、患者さまの状況に応じた最適の治療の行える病院を紹介いたします。
  • 胆嚢炎・膵炎:重症度を判定し、患者さまに適した医療機関をご紹介いたします。
  • 感染性腸炎:外来による内服治療で完治することがほとんどです。
  • 過敏性腸炎:状況に応じて内視鏡検査を行い、外来による内服治療を行います。
  • 潰瘍性大腸炎、クローン病:内服や自己注射による治療を行なっております。
  • 大腸ポリープ:ほとんどのポリープが内視鏡にて日帰り手術が可能です。
  • 大腸癌:適切な診断を行い、患者さまの状況に応じた最適の治療の行える病院を紹介いたします。

 
当院の医師は難病申請などを行う書類を書くことができます。潰瘍性大腸炎、クローン病など炎症性腸疾患の患者さまなど、お気軽にご相談ください。
 


肝臓内科

ささき医院では日本肝臓学会専門医による診療を行なっています。肝臓の病気は自覚症状がなく、病状が悪くなってから下記のような症状が出ることがあります。肝臓の病気は肥満やアルコールの大量摂取のような生活習慣病に関わる病気から、ウイルスによる肝炎、その他特殊な疾患もございます。慢性的な肝臓病は定期受診が必要です。適切な治療と定期的な採血、超音波検査などを行い肝臓を守る必要があります。肝機能の異常を指摘された場合は、ご相談ください。
 

こんな症状があったり、健康診断で異常を指摘されていないですか?

  • 食欲がなく疲れやすい。
  • 顔や白目が黄色い。
  • 便が白くなり、尿が紅茶の色のようになっている。
  • 急にお腹が膨らんで、手足がやせ細ってきた。
  • 毎日大量のお酒を飲む。
  • 健康診断で肝機能(GOT/GPT/γ-GTPなど)の異常を指摘された。
  • 肝炎ウイルスに感染していることがわかった。
  • ご家族に肝炎ウイルスに感染している方がいる。

 

当院ではこのような病気の治療ができます。

  • ウイルス性肝炎・肝硬変の診断、治療(肝庇護療法・抗ウイルス薬の処方)、定期の経過観察
  • 脂肪肝、アルコール性肝障害、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、肝硬変、肝細胞癌、自己免疫性肝炎、原発性単純性胆管炎

 

こんな方は一度肝炎ウイルスのチェックを!

  • 輸血や大きな手術をしたことがある方
  • 刺青や医療機関外でピアスの穴を開けたことがある方
  • B型肝炎の母子感染防止事業が始まる前に生まれた方(1985年以前)
  • ご家族がウイルス性肝炎や肝硬変、肝臓がんになっている方

ささき医院からのお知らせ
2月の休日診療のお知らせ
2/11(日)休日診療[9-14時]
2/12(祝日)杉並区休日当番医[9-17時]
2/25(日)休日診療[9-14時]
【杉並区宮前】
内科・外科・消化器内科・肝臓内科
ささき医院
〒168-0081 東京都杉並区宮前1-14-10
TEL:03-3332-4841
© Sasaki Clinic. All Rights Rserved