便通異常(慢性便秘/下痢・過敏性腸症候群)外来

便通に異常がある場合の外来です

【慢性便秘症】

日本の慢性便秘症に対するガイドラインでは、便秘とは「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義されます。具体的には、自発的な排便が週に3回未満、排便時に強くいきむ、便が硬い、残便感がある、肛門が詰まったような感じや用手的な排便介助が必要などのうち二つ以上が当てはまれば便秘といい、症状が半年以上続くことを慢性便秘症といいます。一言で便秘といえば簡単ですが、便秘の症状や原因はさまざまです。便秘だから下剤を処方といった対応は適切とは言えません。どのような症状の便秘なのか、何が原因の便秘なのかを適切に判断する必要があります。毎日排便がないから便秘というわけではありませんし、すっきり違和感なく排便ができていれば問題はありません。排便に違和感を感じる方はお気軽にご相談ください。

 
○便秘の種類

機能性便秘
  • 直腸性便秘:若い女性や子供、寝たきりの高齢者に多い便秘です。排便を我慢することで、便がでる直前の溜まっている感覚が鈍くなり、便秘になります。直腸を刺激するような座薬や浣腸にて排便を促すことで改善します。便を柔らかくする薬を使用することはありますが、腸を強制的に動かす刺激性下剤を使用することはありません。
  • 痙攣性便秘:精神的や肉体的なストレスが一因となって、自律神経が乱れ大腸の一部が痙攣のように収縮して便が兎糞状に硬くます。痙攣性便秘になると便がでにくくなったり残便感として症状を感じるようになり、便が1週間くらいでないこともしばしばあります。なかでも腹痛を伴う方は「便秘型過敏性腸症候群」という疾患の可能性があります。便を柔らかくする薬が有効なことが多いです。便が硬くなりすぎてでない場合は、浣腸や刺激性下剤を一時的に使用することがあります。大腸をしっかり外部から刺激をすることで蠕動を促すことができますから、腹部のマッサージやランニングやヨガなどのエクササイズも非常に重要です。
  • 弛緩性便秘:大腸の便を押し出す蠕動運動が低下することで、便が長い時間大腸内に停滞し、水分が吸収されることで便がかたくなり、引き起こされる便秘です。高齢者や寝たきりの方に多い便秘です。蠕動運動が低下する原因として長年の刺激性下剤(センナ・大黄など)により、大腸の動きが悪くなってしまい引き起こされることもあります。この場合は、刺激性下剤を徐々に減量しつつ、便を柔らかくするお薬や腸の動きを整えるお薬を使いながら、便秘の解消を目指します。刺激性下剤は時折使うのには問題のない有効な薬ですが、連用には注意が必要です。
 
<大腸メラノーシス(左)、正常の大腸粘膜(右)>
長年の刺激性下剤の使用により大腸に色素が沈着し黒ずんでいます。刺激性下剤の連用はメラノーシスを起こすだけではなく、徐々に薬が効きにくくなり内服薬が増える悪循環にあります。

 
 

器質性便秘

大腸内に大きな進行癌などがあると、便が通過できずに便秘になります。このように、大腸自体に便が通過できない物理的な何らかの理由がある場合を器質性便秘といいます。大腸内視鏡検査や腹部エコー、CTなどで原因を精査することが必要です。

 
<大腸癌(左) 正常の大腸(右)>
大腸癌により大腸内が狭くなってしまい、便が通過しにくい状態になっています。

 
 

症候性便秘

別の病気(糖尿病や甲状腺機能低下症、パーキンソン病など)の症状で便秘になります。もともとの病気の治療が必要になります。
 
 

薬剤性便秘

抗コリン薬や向精神病薬、抗がん剤などでおこります。原疾患の治療とのメリットとデメリットを考えながら、便秘のお薬を併用していきます。
 
 
○便秘の検査
医師による診察を行い、便の性状や生活習慣、腹痛の有無などを確認します。糖尿病や甲状腺機能低下症などが疑われる場合は採血などの検査をいたします。腹部レントゲンにて腸内のガスや弁の溜まり具合を調べたり、大腸内視鏡検査にて大腸癌などの器質的疾患の有無を精査したり、腸のねじれなどがないか観察します。
 
○便秘の薬

  1. 腸を強制的に動かして便を押し出す薬:刺激性下剤
  2. 便を柔らかくして、大腸が便を押し出しやすくする薬:浸透圧性下剤
  3. 腸の蠕動運動を促して便を出しやすくする薬:消化管運動賦活薬・漢方薬
  4. 上記以外の比較的新しい内服薬:上皮機能受容薬・胆汁酸トランスポーター阻害薬

 
刺激性下剤や浸透圧性下剤は薬局で市販されているものも多く、また、病院からもよく処方される薬です。刺激性下剤は効果が高いですが、依存性も高く慢性的に使用すると徐々に効かなくなってきてしまい、内服の量もだんだん増える悪循環に陥ることがあります。便秘には便秘の種類に応じた適切な薬の選択が必要です。ここ数年であたらな便秘のお薬が登場しています。小腸から水分を分泌させて便を柔らかくしたり、自身の胆汁酸と呼ばれる消化液を使うことで、便を柔らかく腸の動きをよくして便秘を改善させる薬です。既存の治療で症状改善しないかたは、お気軽にご相談ください。
 

【慢性下痢症】

臨床的に4週間続く軟便を慢性下痢症と定義します。急激に発症して2週間以内に収まる急性下痢症と区別されます。慢性下痢症の中でも、過敏性腸症候群が大半を占め、その他炎症性腸疾患やアルコールの多飲、大腸癌などが代表的な疾患となります。過敏性腸症候群や炎症性腸疾患は別項で詳しく解説しています。
 

【過敏性腸症候群(IBS)】

腹痛を伴う便秘や下痢などの便通異常が長期間継続する状態が続いているのに、レントゲンや大腸内視鏡検査、便の検査をしてみても、異常も見られない場合、過敏性腸症候群の可能性があります。過敏性腸症候群(IBS)とは過去3ヶ月の間に月に3日以上にわたって腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘をおこし、排便によって症状が改善する状態と定義されています。
原因は消化管運動異常と知覚過敏と考えられており、自覚しないようなストレスなどがきっかけになり症状が起こります。通勤通学時や発表の前など緊張すると腹痛を伴う下痢などの症状が出たりしますが、寝ているときには症状が出ません。ただし、症状だけでIBSと診断することはできません。内視鏡検査を行い、粘膜に慢性的な炎症や感染、悪性腫瘍などがないことを確認する必要があります。患者様の中には、症状が長く続いているために「大腸の大きな病気になっているのでは?」と精神的に不安になってしまい、その心理的ストレスが症状を悪化させていることも少なくありません。内視鏡の結果、問題ないことを確認することで病状が改善する症例も経験いたします。
治療のためには、病気の理解と身体的に大きな問題がないことを確認し、精神的に落ち着き安心することは治療の第一歩です。薬剤も患者様の症状に合わせて選択し、飲み続けるわけではなく患者様に合わせた内服方法なども検討していきます。患者様に適した治療方法を二人三脚で考えてまいります。

診療時間

午前  9:00~12:30
午後  15:00~18:00(土曜は14-17時)
休診日  木曜・第1.3.5日曜・祝祭日
 ※都合により臨時休診になる場合があります。
 
  午前
9:00~12:30
午後
15:00~18:00

完全予約制
小児科・内視鏡は休診

休診 休診
14:00~17:00
9:00~14:00 休診
ささき医院からのお知らせ
GW、5月の休日診療のお知らせ
4月29日(祝日)杉並区休日当番医(9:00〜17:00受付)
5月6日(日)杉並区休日当番医(9:00〜17:00受付)
5月13日(日)通常診療日(9:00〜12:30受付)
5月27日(日)通常診療日(9:00〜14:00受付)
詳しくは、診療日カレンダーをご確認ください。
【杉並区宮前】
内科・外科・消化器内科・肝臓内科
ささき医院
〒168-0081 東京都杉並区宮前1-14-10
TEL:03-3332-4841
© Sasaki Clinic. All Rights Rserved