診療時間
診療時間
アクセス
アクセス
MENU

便潜血FECALOCCULTBLOOD

便潜血陽性の方へ

便潜血検査とは便に血液が含まれているかどうかを判断する検査です。便潜血検査自体は便をスティックで採取する簡易的で広く普及している検査で、健康診断の際、大腸がん検診として実施されます。しかし、その検査の意義を理解されている方は決して多くなく、便潜血検査が陽性であったのにも関わらず適切な精密検査を行わずにそのまま放置をしてしまう方が多くいらっしゃいます。

肛門から血液が流れ出たり、真っ赤な便が出れば、だれしも心配になると思いますが、この便潜血検査では目に見えない極微量の血液をも検出します。見た目に異常がないため硬い便などで肛門がきれてしまったなどといった、都合の良い解釈をしてしまい精密検査の機会を逃してしまうかたが多く見受けられます。便潜血検査が陽性だった方は早めに消化器内科医に相談をしましょう。

便潜血陽性は大腸の中で
このようになっている
可能性があります

便潜血検査が陽性ということは大腸からの出血を意味します。のちのち悪化する可能性のあるポリープや大腸がんを疑うサインの一つです。
便潜血検査はこのケースの中のスティックで便をこすって採取しますが、その便の中に微量の血液が混じっていると陽性になります。この検査は2回便を採取します。

  • こちらは大腸がんの写真です。大腸癌の粘膜は出血しやすいため、便に血液が混じってきますが、常に出血しているわけではないので、大腸癌があるから必ずしも便に血液が混ざるわけではありません。従って確率を上げるために、2回にわけて便を採取して一度でも検査が陽性であれば、腸の中を詳しく精密検査する全大腸内視鏡検査が必要になります。

  • こちらは大腸のポリープの写真です。これは一部癌化しており、切除すると早期の大腸がんでした。このようなポリープからも出血することがあり、大腸がんだけではなくポリープを見つけるためにも、便潜血検査で陽性になった場合は大腸内視鏡検査を行うことを強くお薦めいたします。

便潜血検査で陽性になる確率は報告によりいろいろありますが、2~10%程度の方が陽性になるといわれています。私の前職場の統計でも約6%程度の方が陽性になりました。検査陽性の方に全大腸内視鏡検査を行うと、約40%の方は異常がありませんでしたが、50%の方にポリープ、6%の方に早期癌、4%の方に進行癌が見つかっています。なんと、便潜血陽性になった方の約6割が内視鏡を行うことで治療すべき病変が見つかっています。

出血した場所はどこか?たまたま硬い便でお尻の穴の周りが切れてしまったかもしれませんが、同時に腸の中のポリープや癌からも出血している可能性は十分にあります。検査が陽性になると、都合のいいほうへ考えることが多く、もともと痔を持っているからと精密検査を受けたがらない方が少なくありません。便潜血検査で陽性になった方は、がんを見つけるチャンスをもらったようなものです。大腸癌は早く見つければ、かなりの確率で完治が望める病気です。必ず大腸内視鏡検査を行い、早期発見につなげていきましょう。

参考文献:免疫法便潜血検査陽性にて当院で全大腸内視鏡検査を行った症例の検討~高齢者大腸癌の特徴を中心に~ 日消化器がん検診誌 Vol.52(2), Mar. 2014 233-239

便潜血が陽性になった方は
医療機関に
受診することを
強くお薦めいたします

前述した通り、便潜血陽性は大腸がん・ポリープのサインです。時には緊急性が高い疾患の場合もありますので、お近くの消化器内科にご受診ください。杉並区のささき医院では便潜血陽性に関する精密検査から一般外来診察まで幅広く対応しております。些細なことでも構いませんので、いつでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

03-3332-4841
午前外来
9:00~12:00
内視鏡検査
12:00~15:00 予約制
午後外来
15:00~18:00(土曜は15-17時)