MENU

腹痛STOMACH

腹痛の原因と病気の関係性を
医師が解説|
消化器のクリニック

腹痛の受診の目安

腹痛でお悩みになられたことのある方は多くいらっしゃると思いますが、腹痛の種類によっては医療機関に受診するべき場合もあります。下記のような腹痛症状の方は医療機関になるべく早めに受診をしましょう。

ちょっと様子を
みてもOKな腹痛

  • 「なんとなくこの辺が・・・」といった感じで痛みの場所が特定できない痛み
  • 気が付いたら痛みが消えてしまうような場合

病院で
診てもらいたい腹痛

  • ピンポイントで場所がわかる痛み
  • 冷や汗や吐き気を伴うような強い痛み
  • 明らかにおなかを押して痛みがある場合
  • 食事や飲酒に伴う腹痛
  • 発熱や血便、激しい下痢を伴う腹痛

病院で診てもらいたい腹痛の時は、治療が必要な消化器疾患の可能性があります。
ただの腹痛ではないな、と思ったらすぐに病院を受診しましょう。

腹痛の種類

お腹の上側が痛む場合
(みぞおちからおへその上辺り)

腹部に強い痛みを感じる場合は胃や膵臓、胆のうに原因がある可能性があります。上腹部痛を起こすよくある消化器疾患として

急性胃炎、胃潰瘍、
十二指腸潰瘍
膵臓 急性膵炎
胆のう 胆石発作、胆管炎、
胆のう炎

などの可能性があり、的確な問診や触診、腹部超音波検査や上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)などの検査が必要です。

お腹の下側が痛む場合
(おへその下辺り)

下腹部が痛む場合は小腸や大腸に異常があり、腸に関連した消化器疾患が影響していることがあります。よくある疾患としては胃腸炎、過敏性腸症候群、虫垂炎、腹膜炎、憩室炎などが挙げられ、発熱や便通異常(便秘や下痢など)を伴うことが多いです。
いずれの疾患の場合においても、的確な問診や触診が重要です、必要に応じて腹部超音波検査や大腸内視鏡検査(大腸カメラ)などの検査が必要です。

ストレスによる腹痛
(機能的なお腹の痛み)

上記のような消化器疾患に影響して発生する腹痛以外にも、ストレスによる腹痛もよくあります。ストレスにより自律神経の機能が乱れることで、腸の神経が知覚過敏となり腹痛や便通異常を引き起こしやすくなります。
ストレスによる腹痛は消化器疾患のときとは異なり、複数の症状が出ることはないので、自覚がある場合は日常生活でストレスに繋がるものを避けるようにしましょう。

腹痛の対処法

日常生活の改善 自分自身にストレスがかかり、自律神経の乱れに伴う腹痛の方は実は多いです。日常生活の中でストレスに起因している習慣が何か見抜き、日頃からストレスがかからない生活が実現できるように努力をしましょう。特に身体的ストレスよりも精神的なストレスに起因する場合が多いので、過度な緊張などは禁物です。
食生活の改善 腹痛は食生活にも大きく影響します。腹痛が続く時期に下記のような食生活は避けましょう
・刺激物を食べる
・飲みすぎ、食べすぎ
・食物繊維不足
とにかく胃に負担をかけない、刺激をしない、無理な活動をさせないことが重要です。特に飲みすぎ食べすぎは普段からも気を付けるようにしましょう。また、腹痛は便秘に影響することもあるため、便秘から腹痛が発生していることが予想される場合は普段から食物繊維を多く摂るようにして、便秘を予防することも大切です。

FLOW 腹痛の診察の
流れ

  1. 診察

    まずは外来受診をしていただき、消化器専門ドクターが問診、触診、聴診などを行い、腹痛の原因を判断します。普段の症状の中で気になることがあれば必ず医師に症状や悩みを伝えましょう。
    診察の際に、必要な検査があると医師が判断した場合は当日、または後日に超音波(エコー)検査や内視鏡検査を行い適切な診断を行っていきます。

  2. 超音波(エコー)検査

    超音波検査では、体内の消化器に超音波を当てて反射状況から消化器の異常を見抜きます。人体には無害な検査で、身体的な負担もない安全な検査です。また、内視鏡検査と比較して検査対象となる消化器が非常に多く、汎用性の高い検査となっております。
    当院でエコー検査を得意とする臨床検査技師、または消化器専門ドクターが検査を担当致しますので、ご安心して検査をお受けください。

  3. 内視鏡検査

    腹痛の部位や症状に応じて内視鏡検査を行います。胃に異常があると判断された場合は胃カメラ検査を実施し、大腸に異常があると判断された場合は大腸カメラ検査を実施致します。共に1時間程度の院内滞在時間になりますが、大腸内視鏡検査は検査当日に下剤の内服する必要があるため、トータルで半日程度の時間が必要です。そのため、事前に日程調整をする必要があります。

    いずれの検査に対しても不安な印象を持たれる方が多いですが、当院では鎮静剤を使用して眠ってできる内視鏡検査を実施しておりますのでご安心ください。

HOSPITAL 腹痛の場合は
病院へいきましょう

臓器自体がダメージを受けることでおこる腹痛の中は特に迅速な治療が必要です。腹痛以外にもなんらかの症状が認められる場合はなるべく早めに医療機関を受診しましょう。

ささき医院とかえで内科・消化器内視鏡クリニックでは消化器内科を専門的とし、内視鏡検査や超音波検査なども含め、院内で検査から治療が行える環境が整っております。24時間ネット予約をご利用いただければ、待ち時間も少なく外来受診が受けられるので是非ご活用ください。

よくある質問

  • 腹痛は癌と関係がありますか?

    癌は腹痛の原因になりえます。癌の種類にもよりますが、一般的に癌が進行した状態にならないと痛みなどは症状は出ないことが多いです

  • 腹痛の場合は何科を受診すればいいですか?

    一般的には内科、特に消化器内科や胃腸内科の受診をお薦めいたします。

  • 腹痛の場合は内視鏡検査を受ける必要がありますか

    みぞおちの部分が痛い場合には胃潰瘍や十二指腸潰瘍等のご病気も考えられますので、胃カメラをお勧めすることがあります。腹痛の原因は必ずしも胃の中にあるわけではありませんので、医師へ相談をお進めいたします。