診療時間
診療時間
アクセス
アクセス
MENU

肝臓内科HEPATOLOGY

肝臓病を専門に診る外来です

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、自覚症状を感じにくい臓器です。健康診断で肝臓の数値を指摘されているけれどもそのままにしていらっしゃいませんか?肝臓の異常指摘されたら、原因を検索することが重要です。適切な診断により肝機能の悪化を防ぎ、改善を図ることが出来ます。

ささき医院では日本肝臓学会専門医による肝臓内科診療を行なっています。肝臓の病気は自覚症状がなく、病状が悪くなってから下記のような症状が出ることがあります。肥満やアルコールの大量摂取のような生活習慣病に関わる病気から、ウイルスによる肝炎、その他特殊な疾患もございます。慢性的な肝臓病は定期受診が必要です。定期的な採血、超音波検査などを行い、適切な治療によって肝臓を守る必要があります。肝機能の異常を指摘された場合は、ご相談ください。

下記項目に該当する場合は
肝臓内科を受診しましょう
CHECK

  • 食欲がなく疲れやすい。
  • 顔や白目が黄色い。
  • 便が白くなり、尿が紅茶の色のようになっている。
  • 急にお腹が膨らんで、手足がやせ細ってきた。
  • 毎日大量のお酒を飲む。
  • 健康診断で肝機能(GOT/GPT/γ-GTPなど)の異常を指摘された。
  • 肝炎ウイルスに感染していることがわかった。
  • ご家族に肝炎ウイルスに感染している方がいる。

下記項目に該当する場合は
肝炎ウイルスチェックを
推奨致します
CHECK

  • 輸血や大きな手術をしたことがある方
  • 刺青や医療機関外で
    ピアスの穴を開けたことがある方
  • B型肝炎の母子感染防止事業が
    始まる前に生まれた方(1985年以前)
  • ご家族がウイルス性肝炎や肝硬変、
    肝臓がんになっている方
肝臓内科でよく診断される
疾患、可能な治療
ウイルス性肝炎・肝硬変の診断、治療(肝庇護療法・抗ウイルス薬の処方)、定期の経過観察
脂肪肝
アルコール性肝障害
NASH(非アルコール性脂肪肝炎)
肝硬変
肝細胞癌
自己免疫性肝炎
原発性単純性胆管炎

FLOW 肝臓内科の
来院から

治療までの
流れ

  1. ご予約をお取りの上、ご来院をお薦めいたします。直接来院して頂いても、受診可能ですが待ち時間が長くなることがございます。

    ネット予約はこちら

  2. ご予約をお取り頂き、事前にホームページよりWeb問診にご協力をお願いいたします。入力頂いた問診表の内容をもとに診察いたします。当院の医師は日本肝臓学会専門医です。気になることがあれば医師にご相談下さい。

    WEB問診はこちら

  3. 診察を行い、必要に応じて超音波や内視鏡の検査を行います。また、身体診察や検査の結果をもとに詳細な説明や薬の処方も行います。

    内服治療

    患者様の症状や特定された疾患に応じてお薬を処方致します。処方されたお薬を内服する際には(飲む時には)医師の指示を守るようにしてください。

    超音波検査

    超音波を身体に当てて肝臓の様子を確認します。超音波検査はエコー検査とも呼ばれます。患者様の負担がないことが大きなメリットで広く一般的な検査方法です。

お問い合わせ

03-3332-4841
午前外来
9:00~12:00
内視鏡検査
12:00~15:00 予約制
午後外来
15:00~18:00(土曜は15-17時)