MENU

胃痛EPIGASTRALGIA

胃痛の原因と病気の関係性を
医師が解説|
消化器のクリニック

胃痛の種類

おへその上(みぞおち)の痛みの事を胃痛と表現されて来院される患者様が多くいらっしゃいます。医学的には心窩部痛と言います。心窩部がシクシク痛むと言う方やキリキリ、ズキズキと表現される方もいらっしゃいます。「痛くはないけど重い感じ」「違和感」と表現される方もおり、痛みの原因は様々です。心窩部が痛い=胃の病気と言うわけではありません。様子を見ることのできる場合が多いですが、治療が必要な方も少なくありません。痛みがある場合は医師に相談しましょう。

しばらく様子を
見ることができる胃痛

  • 短い時間ですぐに収まるみぞおちの痛み
  • 症状は一時的で繰り返さない痛み

病院で
診察が必要な胃痛

  • 長年繰り返すみぞおちの痛みや長い時間続く痛み
  • 腹部を押す、もしくは押した後に離すと起こる痛み
  • 歩くだけで響く痛み
  • 発熱や下痢・嘔吐など他の症状を伴う痛み
  • 空腹の時や食後など決まった状況下におこる再現性のある痛み

胃痛に関する代表的な病気

  • 急性胃炎、慢性胃炎
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 機能性ディスペプシア
  • 胃アニサキス症
  • 胆石発作、胆嚢炎
  • 膵炎
  • 虫垂炎

胃痛の対処法

自宅での対応 脂っこい食事や消化の悪いもの、コーヒーや紅茶・抹茶、刺激物などの摂取を控えましょう。痛み止めやステロイド等の内服薬が原因になることもあります。医師に相談して中止が可能か相談してみて下さい。
クリニック(消化器内科)を受診 胃痛(みぞおちの痛み)がいつから始まって、どのような痛みなのかなど詳細な問診を行い、必要な検査を考えて参ります。必要に応じて採血や腹部エコー検査、胃カメラ検査などを行います。

・血液検査
血液検査で感染症にかかっていないか、炎症の程度などを判断していきます。

・胃カメラ検査
胃痛(みぞおちの痛み)の原因が必ず胃の中にあるわけではありませんが、やはり胃の中に病気がないことを確認することは非常に重要です。病気がなかった場合も、検査で異常がなかったことに安心でき、痛みが消えていく方も少なくありません。胃カメラはつらい印象があるかもしれませんが当院では麻酔を使って眠っている間に内視鏡検査を行うことが可能です。

・超音波検査
胃痛の原因が胃ではなく、胆嚢炎や虫垂炎の事もございます。超音波検査では胃以外の臓器で胃痛を起こすところがないか調べていきます。

治療方法

問診や身体診察によりどのような病気かを推定し、胃カメラや超音波検査を用いて診断を行ってまいります。内服薬で改善が認められると判断した場合は処方にて治療を開始いたしますが、内視鏡による治療や入院が必要な場合もございます。自己判断することなく、医師に相談しましょう。

胃痛を放置する危険性

胃潰瘍であれば悪化すると胃潰瘍出血から吐血をしたり、潰瘍が深くなると胃に穴があく穿孔等を起こすと入院治療が必要になります。胆石発作であれば、放置すると胆嚢に炎症を起こしたり、膵炎であれば重症膵炎になると入院が必須の状況になります。痛みが強い場合はもちろんですが、痛みが長く続いたり、何かおかしいと感じたら医師に相談してください。

HOSPITAL 胃痛が
するときは当院へ

ささき医院とかえで内科・消化器内視鏡クリニックでは、胃痛を伴う消化器疾患の診察や検査を行っています。 総合内科専門医・認定内科医や消化器病学会専門医・消化器内視鏡学会専門医資格を有する医師による診察と苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。診察や検査の予約は24時間、インターネットで予約が可能です。事前WEB問診も導入して、来院時の待ち時間がなくスムーズに受診ができます。胃痛の症状でお困りの場合は、お気軽にご相談ください。