MENU

肛門内科PROCTOLOGY

杉並区・品川大井町の
肛門内科クリニック|
保存療法中心の肛門診療

肛門やおしりのことで
お悩みですか?

肛門のことでお悩みですか?実は痔は日本人の3人に1人は悩んでいるといわれている当たり前の病気です。痔までといわなくても、肛門やおしりのことで不調を訴えられる方は非常に多いです。

  • 肛門から血が出ている
  • 肛門が痛い、かゆい
  • 肛門や肛門の周辺が腫れている、膨らんでいる
  • おしりが非常に痛む
  • 痔にいつも悩んでいる、悪化してきている
  • 肛門や痔が痛くて生活に支障がでる
  • 排便の際に肛門に痛みが走る

上記のような肛門のお悩みをお持ちの方は当院の肛門内科を一度受診されてみてください。肛門疾患や痔はごく一般的な病気であるにも関わらず、放置をしていると悪化していく病気です。肛門の病気は恥ずかしい気持ちもあるかと思いますが、1人で悩まずになるべく早めに医療機関に相談をしましょう。

肛門内科のご案内

ささき医院とかえで内科・消化器内視鏡クリニックでは肛門内科の診察を行っています。肛門”内科”は肛門”外科”と異なり、肛門を切ったり縫ったりなどの外科的診療は一切行いませんのでご安心ください。基本的には保存療法(薬や経過観察を中心とした治療法)を中心に対応し、患者様に寄り添う姿勢を大切にしています。どうしても外科的処置が必要と判断された場合には信頼のできる肛門外科をご紹介致しますのでご安心ください。

患者様からすると肛門科にいくことは恥ずかしいことですが、医療機関では毎日肛門疾患でお悩みの多くの患者様の診察を実施させていただいております。恥ずかしがらずにいつでもお気軽にご来院ください。

肛門内科の診療の流れ FLOW

  1. FLOW
    ご予約

    ご来院される際にはWEB予約をお取り下さい。来院時間が明確になり待ち時間の短縮となります。待合室にいても肛門内科を受診していることは他の人にはわかりません。待合室の滞在時間が少なくなるように配慮しております。
    ※予約なしの来院も対応しております。

    WEB予約はこちら

  2. FLOW
    事前にWEB問診

    来院前にご自宅で当院ホームページからWEB問診に回答いただいております。「お腹以外の問診票」から入力をお願いします。WEB予約が完了したらWEB問診にご協力ください。

    WEB問診はこちら

  3. FLOW
    受付

    保険証をお出し下さい。WEB問診済みとお伝えいただきますと診療内容を確認することなくお待ちいただけます。

  4. FLOW
    診察

    医師の問診後、診察室にて腰にタオルを巻きながら診察を行います。肛門内科の診察中は下記のような姿勢(左側臥位)を取っていただきます。診察室の中は医師のみ(女性の方は看護師が介助させていただきます。)の診療です。プライバシーに配慮した環境で診察を行いますのでご安心ください。

  5. FLOW
    お会計

    診察が終了したら待合室にてお待ちいただき、お会計となります。お会計が終わりましたら調剤薬局でお薬を受け取っていただき通院は終了です。

当院の肛門内科の特徴 FEATURE

  • プライバシーに配慮した診察

    診察室は、医療従事者しか出入りをしない空間となっています。来院から会計終了まで、周りの患者様に肛門診察で来院されていることが知られることはございませんのでご安心ください。

  • 切らない治療を最優先

    当院では肛門内科診療として”切らない治療”を最優先にしています。薬や保存療法で肛門疾患や痔の症状を緩和、治療できるかを重視しています。まずは最初の肛門診療の診察窓口として対応していきたいと思っています。

  • 大腸カメラ検査に対応

    肛門疾患で異常が認められた場合、精密検査として大腸カメラ検査を必要とする場合がありますが、当院は内視鏡専門クリニックとしての一面もあり精密検査が必要な患者様に対して当院で大腸カメラ検査を行うことが可能です。鎮静剤を使用した眠ってできる大腸カメラ検査です。

  • 診療内容に配慮したシステム

    患者様対応においてIT化を積極的に進めており、特に肛門診療の際にはWEB予約、WEB問診をご利用いただくことができれば診療がスムーズに進みます。肛門診療は特に通院の負担を減らしたい診療科目ですので、是非積極的にご利用ください。

受診を希望される方へ

肛門に関するささいな症状や恥ずかしいと感じてしまう悩みでも全く問題ありません。気になることがあればいつでも当院へお越しください。肛門疾患は放置することが危険です。早めに医療機関への受診、治療をしましょう。WEB予約やWEB問診をご活用いただくことができればスムーズになります。是非ご活用ください。皆様のご来院お待ちしております。