MENU

食道裂孔ヘルニアHIATAL HERNIA

食道裂孔ヘルニアはこんな病気です。

こんな症状で
困っていませんか?
CHECK

  • 胸やけがする
  • すっぱいものが上がってくる
  • げっぷの回数が多い
  • 嘔吐しやすい

上記の症状が多数当てはまる方は食道裂孔ヘルニアの可能性があります。

食道裂孔ヘルニアとは

胃の一部が胸腔内に上がってしまい、胃の内容物が食道に逆流しやすくなっている状態です。軽度のものがほとんどで無症状のことも多いですが、ヘルニアが大きくなるとげっぷや胸焼け等の原因となることがあります。あまりにも症状がひどい場合は手術が必要なことが稀にあります。

  • 胃の一部が横隔膜の食道裂孔を超えて胸腔内に入った状態を食道裂孔ヘルニアといいます。

  • 胃の中から見た大きな食道裂孔ヘルニアです。胃酸が戻りやすく、強い逆流性食道炎症状を感じていらっしゃいました。

食道裂孔ヘルニアの主な症状

軽い食道裂孔ヘルニアではほとんど症状がありませんが、ひどくなると胃の内容物が逆流するようになるので逆流性食道炎のような症状をきたします。
胸やけがするすっぱいものが上がってくる、げっぷの回数が多い、すぐに戻してしまうなどの症状があります。

食道裂孔ヘルニアの原因は?

胸とおなかを分ける横隔膜という臓器があります。食道は横隔膜の穴を通っておなかの中の胃に繋がります。横隔膜に開いた穴を食道裂孔といいますが、食道裂孔が生まれつき大きかったり、加齢に伴い食道裂孔が広がってしまった場合、胃がおなかの圧力で押し出されて、胸のほうにはまり込んでしまいます。おなかの圧力が高まるのは肥満であったり妊娠であったりします。胸に胃が上がってくると胸のレントゲンで胃が胸のあたりに見えることもあります。

食道裂孔ヘルニアの治療

症状の有無が重要です。症状がある場合は、逆流性食道炎に準じて生活指導や内服治療を行います。
胃カメラやバリウムの検査などで診断することが可能です。症状が強い場合は胃が胸のほうに押し出されないようにする手術をすることがあります。

食道裂孔ヘルニアの対策・対処法
患者様がご自身でできることとしては、食事を腹八分目にしたり、脂質をを取りすぎないようにして胃酸が逆流しにくくする状態をつくりましょう。
食後にすぐに横にならないで、寝るときも頭を高くして寝る工夫が有効です。肥満の方はダイエットが胃酸の逆流症状を改善します。またおなかをベルトで締め付けたりせず、妊娠中の場合はできるだけおなかに圧力がかからないような姿勢をとったり工夫することが有効です。

よくある質問

  • 食道裂孔ヘルニアの場合、口臭が発生しますか?

    げっぷが出やすくなるため、胃の中の空気が上がってくると口臭として感じることがあると思います。胃からずっと空気が上がり続けているわけではないので食道裂孔ヘルニアで口臭が持続するというのは考えにくいと思います。

  • 食道裂孔ヘルニアは自然治癒しますか?

    肥満の方の食道裂孔ヘルニアはダイエットなどにより改善する可能性はあります。

  • 食道裂孔ヘルニアとげっぷは関係がありますか?

    食道裂孔ヘルニアは胃からの逆流が容易になるためげっぷは出やすくなります。