MENU

逆流性食道炎REFLUX

逆流性食道炎の原因と
治療法を医師が解説|
消化器のクリニック

こんな症状で
困っていませんか?
CHECK

  • 胸が熱くなるような胸やけ
  • 口の中に苦い水が上がってくる
  • ものが飲み込みづらい
  • のどのヒリヒリとした違和感
  • 腹部膨満感やげっぷ

上記の症状が多数当てはまる方は逆流性食道炎の可能性があります。

逆流性食道炎とは

 逆流性食道炎(胃食道逆流症)とは胃で分泌される胃酸(胃液)が、食道に逆流してしまうことで、胸焼けや酸っぱい液体が戻ってくるような呑酸などの不快な症状を感じたり、食道の粘膜がただれたり(食道炎)する病気です。逆流性食道炎(胃食道逆流症)は、以下のようなタイプに分けられます。

・内視鏡で見ても異常はないが、胸焼けなどの自覚症状のみがあるタイプ(非びらん性胃食道逆流症)
・内視鏡で食道炎(粘膜のただれ)がを認めるタイプ(びらん性胃食道逆流症)

胃食道逆流症の中でも、粘膜がただれてしまっている状態を「逆流性食道炎」といいます。内視鏡で逆流性食道炎と診断しても、逆流性食道炎の程度が軽い場合は必ず症状があるわけではありません。症状がある場合に治療が必要になります。

  • 正常な胃と食道の境界線です。細い血管が見えている部分が食道の粘膜、ややオレンジ色の中央の部分が胃の粘膜になります。

  • <逆流性食道炎 GradeA>
    食道粘膜は白くなり血管が透けて見えなくなります。食道の粘膜に短い縦のびらんが認められます。胃からの胃酸の逆流によって食道の粘膜が障害されている状態です。

  • <逆流性食道炎 GradeB>
    GradeAのびらんが増えてさらに長くなっている状態です。GradeA程度では自覚症状がないことも少なくありませんが、Bになると症状が出てくる方がほとんどです。

  • <逆流性食道炎 GradeD>
    食道粘膜の大半がただれてしまっていて、食道が広がりにくくなってしまっています。最重症の逆流性食道炎です。

逆流性食道炎の主な症状

胃の中の胃酸が食道に逆流することで症状が出ます。胃酸が食道に逆流すると胸が熱くなるような胸やけが食後や寝転がった時、前かがみになった時に起こりやすくなります。口の中に苦い水が上がってくることがあります。ものが飲み込みづらかったり、のどのヒリヒリとした違和感、腹部膨満感やげっぷなどが症状の場合もあります。

逆流性食道炎の原因は?

胃の粘膜は胃酸の強い刺激にも耐えられる強い仕組みを持ち合わせていますが、食道は胃のように強い粘膜を持たないため、胃酸が逆流し食道が長く酸にさらされると食道粘膜がただれ逆流性食道炎(びらん性胃食道逆流症)が起こります。健康な人が食道内に胃酸が逆流している時間はわずか4%以下で逆流が問題になることはありませんが、逆流性食道炎の患者さんでは胃酸の逆流時間が長くなることがわかっています。
食道の中にある食べ物や酸を胃に送りだす運動が弱くなっていたり、胃と食道のつなぎ目が緩くなったりすると胃の内容物の逆流が容易に起こってしまい、食道炎の原因となります。

逆流性食道炎の治療

薬物療法と生活習慣の見直しを行っていただきます。
胃酸分泌を抑えるお薬であるPPIやP-CABと呼ばれるお薬の内服を行います。また、ダイエットが効果的なこともあるため、ダイエットを推奨させていただくことがございます。高脂肪食やお菓子、アルコール、コーヒーなどの食物を控えていただいただきます。

ただし、治療の対象者はすべての逆流性食道炎の患者様ではありません。内視鏡検査をしていて軽い逆流性食道炎があったとしても症状がない方はたくさんいらっしゃいます。また逆に逆流性食道炎は認めないのに、症状だけが強く出る非びらん性胃食道逆流症の方も少なくありません。健康診断で症状がないのに逆流性食道炎と書いてあるから治療をしてほしいという患者様もいらっしゃいますが、一番大事なのはご本人の症状です。症状がある方は生活の質が下がってしまうために治療をお勧めいたしますが、全く無症状であれば、必ずしも治療が必要でない場合もあります。医師にご相談ください。

逆流性食道炎の対策・対処法
食生活で気を付けること 食べ過ぎや就寝前の食事、高脂肪食、アルコール、チョコレート、コーヒー、炭酸飲料、柑橘類などは胃酸の分泌が多くなったり、胃と食道のつなぎ目を緩みやすくするため、食道へ胃酸が逆流しやすくなります。また、喫煙も胸焼けを起こしやすくするといわれています。以上のような食生活に心当たりがあれば、気をつけてみましょう。
日常生活で気を付けること 胃酸が逆流しにくいような習慣を作ることが大切です。体重が肥満傾向にある人ほど、腹腔内で胃が圧迫され胃酸が逆流し、逆流性食道炎を発症しやすくなります。重いものを持ったり前かがみの姿勢も逆流しやすくなります。また寝る姿勢も仰向けや右側を下にして横になると胃酸が逆流しやすいので、左側を下にしてねるか、頭側を高くして寝ることも大切です。これらの生活習慣の改善で症状が改善するかどうかは個人差がありますが、特に改善効果が高いことがわかっているのはダイエットと頭側を高くすることです。
食生活や生活習慣の改善でもよくならない場合は薬の内服を併用することで改善する場合もあります。当院では、内視鏡検査で食道と胃のつなぎ目を詳細に観察し、必要に応じて胃酸の分泌を抑えるお薬や、胃酸を中和するお薬、胃や食道の動きを改善する薬などを処方しています。まずは些細な症状からも構いません。ご遠慮無く、ご相談ください。

よくある質問

  • 胸焼けと同時に吐き気が伴います。どのような病気が考えられますか?

    吐気の程度にもよりますが、一般的には逆流性食道炎や胃腸炎などでも起こりえます。それ以外にも考えられる疾患はありますが、細かくは医療機関にて医師にご相談下さい。

  • 胸焼けがつらい時に家でできる対処法はありますか?

    食べ過ぎや就寝前の食事、高脂肪食、アルコール、チョコレート、コーヒー、炭酸飲料、柑橘類などは胃酸の分泌が多くなったり、胃と食堂のつなぎ目を緩みやすくするため、食道へ胃酸が逆流しやすくなります。また、喫煙も胸焼けを起こしやすくするといわれています。以上の様な食生活に心当たりがあれば、気をつけてみましょう。

  • 胸焼けに効く薬を教えてください

    胃酸のpHを上げるお薬、処方薬ではH2ブロッカーやPPIといったお薬を処方いたします。市販薬にもH2ブロッカーはあるようですが、処方薬より用量が少ないと思われます。