MENU

虚血性腸炎ISCHEMIC ENTERITIS

虚血性腸炎はこんな病気です。

こんな症状で
困っていませんか?
CHECK

  • 左脇腹から左下腹部が痛む
  • 血液の混じった下痢が出る

上記の症状が多数当てはまる方は虚血性腸炎の可能性があります。

虚血性腸炎とは

大腸の中でも特に、お腹の左側から左下にある下行結腸とS状結腸の血液の流れが一時的に悪くなり、十分な酸素を大腸に供給できなくなることで、腸の粘膜がダメージを受けびらんや潰瘍を起こしてしまう病気です。

  • 虚血性腸炎の内視鏡写真です。全体的に粘膜が赤くただれており、一部粘膜が潰瘍となり腸の長軸に沿って縦走しています。中等症の虚血性腸炎で痛みが強いため数日安静目的に入院していただきました。

  • 虚血性腸炎の内視鏡写真です。一部粘膜が潰瘍となり縦走しています。潰瘍になっている部分が一時的に血液の流れが悪くなっているところと思われます。症状も内視鏡所見も軽いため、外来での治療で治癒となりました。

  • 治癒傾向にある虚血性腸炎の写真です。潰瘍になっていたであろう部分が縦走する発赤として残存しています。

虚血性腸炎の主な症状

左脇腹から左下腹部に痛みを感じ、その後に赤褐色から鮮血の血液が混じった下痢を起こします。

虚血性腸炎の原因は?

大腸への血液の流れが一時的に滞ることが原因ですが、血液の流れが滞る原因で一番多いのは便秘です。また、脱水で血液が濃くなったり、血管が細くなりやすい高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の方は虚血性腸炎になりやすい傾向にあります。中高年の女性に比較的多い疾患です。

虚血性腸炎の治療

痛みが軽く出血も少ない軽症の場合はそのまま経過観察で治っていくことも多いです。
痛みが強く出血量が多い場合は広範囲に及ぶ粘膜の潰瘍等を起こしていることがあり、その場合は入院し、大腸を休ませてあげなければいけないこともあります。腸の粘膜の潰瘍は、ひざの擦り傷などと同じで、治るのに時間がかかります。特効薬はなく、数日から10日前後をかけて徐々に良くなっていきます。虚血性腸炎は一時的な血流の障害ですが、似たような病気で完全に腸の血管が詰まってしまう病気があります。この場合は非常に重篤で手術が必要な場合がほとんどです。腹痛を伴う血便は自己判断せず、医療機関への受診をお薦めいたします。

虚血性腸炎の対策・対処法
便秘や高血圧、糖尿病の方になりやすい傾向にあります。特に便秘は生活習慣や内服治療で改善することも可能ですが、誰にでも起こりうる病気ですので、下腹部や左側腹部に痛みを伴う血便が出たときには医療機関を受診しましょう。

よくある質問

  • 虚血性腸炎は長引きますか?完治しますか?

    軽症の場合は強い痛みは1-2日でおわります。虚血性腸炎は腸に炎症を起こしているため、痛みが出て間もないときであれば内視鏡検査で虚血による炎症を起こした大腸粘膜の確認が可能です。粘膜の炎症はひざの擦り傷のように時間をかけて治癒したあとは、内視鏡検査ではわからなくなります。

  • 虚血性腸炎はどのような痛みを伴いますか?

    左脇腹や左下腹部に強い痛みを感じた後に、ゼリー状や下痢状の血便が何度か出ることが多いです。痛みは数時間位続くことが多いです。痛みが強く救急車で搬送される方も少なくありません。

  • 虚血性腸炎は入院を必要としますか?

    外来で十分経過観察出来る場合もありますし、重症の場合は入院を必要とします。経験豊富な医師にご相談下さい。