MENU

大腸ポリープPOLYP

大腸ポリープはこんな病気です。

大腸ポリープとは

ポリープとは病気の名前ではなく、粘膜に膨らんだイボのように見える粘膜の総称です。大腸にできるポリープは全てが癌化する悪者ではありませんが、一部のポリープは将来的に癌化の可能性がある腫瘍性ポリープと、癌化はしなくても出血などの症状を起こす非腫瘍性ポリープに大別されます。腫瘍性ポリープの中には腺腫と呼ばれる大腸がんになる可能性を持ったポリープがあります。腺腫は小さいうちに切除することで将来の大腸がんの予防につながります。非腫瘍性の中には過形成性ポリープと呼ばれるものもあります。一般的にはガン化のリスクはほぼないといわれていたものですが、過形成性ポリープの中でも大きいものであったり、上行結腸や横行結腸にできるものはガン化のリスクがあることもわかってきています。

  • 盛り上がった部分がポリープです。サイズは小さく「Cold snare polypectomy(CSP)」で安全に切除が可能です。

  • キノコのように茎があるポリープができることもあります。

  • 平べったい1円玉くらいの大きさのポリープです。気を付けて観察しないと見落としてしまいそうな色と形をしています。

  • NBIという特殊な光を当ててみると、ポリープがよりはっきり浮かび上がり、ポリープの粘膜の模様がしっかり見えるようになります。腺腫というポリープの種類で将来ガン化する可能性のあるポリープです。

  • 非常に大きなキノコのような形のポリープです。茎の中に太い血管が走っていることが多いため、切除すると出欠のリスクを伴います。このようなポリープは大きな病院で安全に切除することがございます。

  • 家族性大腸腺腫症という遺伝性の疾患の方の腸の写真です。ポリープが多すぎてすべてを切除することはできません。20代くらいからポリープがガン化し始め50台くらいまでにはほぼ大腸がんができてしまうため、大腸の切除手術が必要になります。

  • 盲腸にできたポリープです。中央の盛り上がった部分がポリープですが、どこまでがはっきりかよくわかりません。

  • 青い色素を撒くとポリープと正常の粘膜の境界がくっきり浮かび上がりました。20㎜程度の比較的大きなポリープで、結果として一部ががん化しているポリープでした。クリニックでの切除は難しいと判断し、病院に紹介の上入院して切除していただきました。クリニックではすべてのポリープをとるのではなく、適切な方法で安全な医療を患者様が受けられるように診察、検査に当たっています。

大腸ポリープの主な症状

大腸ポリープは大きさにかかわらず、いずれも自覚症状はありません。肛門の近くにできた出血のしやすいポリープは血便として認識できることがありますが、基本的に無症状と思って頂いて問題ありません。ですので大腸ポリープを見つけるためには大腸カメラ検査が重要です。

大腸ポリープの原因は?

大腸ポリープができる原因は、主に遺伝子の異常であると考えられています。大腸の正常な粘膜がAPC遺伝子の異常によりポリープになり、またK-ras遺伝子やp53遺伝子が関与しポリープが癌化することが考えらえています。
ただ遺伝子の異常だけでポリープや大腸がんができるわけではなく、それ以外の外的要因が必要と考えらえています。外的要因とは年齢(50歳以上)、家族歴(家族に大腸がんを患った人がいる)、肉食傾向、高カロリーな食事や肥満、酒の飲み過ぎ、喫煙などが指摘されていいて、このようが外的要因が遺伝子異常をおこすことでポリープやがんができると考えられています。また、遺伝子の異常が原因で全大腸にポリープが多発し30代頃から癌ができてしまう家族性大腸腺腫症という病気もあります。

大腸ポリープの治療

ポリープの治療には正確な診断と適切な手技を見極めることが必要です。先述のように、ポリープには多数の種類があります。まず切除が必要なポリープかどうかを、ポリープの形やできている場所、粘膜のPitと呼ばれる模様を観察し判断します。これにはもちろん適切な内視鏡操作と豊富な経験が必要です。切除可能と判断した場合、どのような器具を使ってどのように切除するかを検討します。また、少しでも癌を疑うような場合には無理に切除せず、観察だけにとどめ、より高度な内視鏡治療が受けられる医療機関へご紹介する可能性があります。

当院で一番多い切除の方法は、「Cold snare polypectomy(CSP)」です。ポリープに金属性のスネアという器具をかけ、ポリープを周囲の粘膜ごと絞り切って行きます。以前はスネアをかけてから電気を流し焼灼することで切除していました。これを「Hot snare polypectomy(HSP)」といいます。HSPはサイズの大きなポリープや、茎の太いポリープの切除などに使います。HSPは大きなポリープを切除できる反面、熱により組織が変成してしまい、切除後しばらくして出血してしまうことなどが問題でした。やけどのキズが治りにくいのと同じで、腸の粘膜も焼かれるとなかなか治りが悪いのです。CSPは焼かないで切除するため、切除後の出血のリスクがHSPより低く、安全に切除できることがわかっています。
当院ではポリープに合わせてCSPの手技を中心にポリープを切除しています。

当院では大腸内視鏡検査の際に見つけたポリープは、検査中に切除する日帰り手術を行っております。基本的にポリープを切除するために入院は必要ありません。
クリニックによってはポリープが見つかった場合、ポリープの一部の組織だけ採取してその後に大きな病院へ紹介、切除を行うこともありますが、当院では例外*を除き、検査当日に切除します。

*茎の太い有茎性ポリープ、形状にもよりますが10ー15mm以上のポリープは患者様の安全を考慮し、病院へ紹介することがあります。

大腸ポリープはほぼ無症状です。大腸がん検診(便潜血検査)で陽性になった方が、内視鏡検査をして初めて見つかるケースが大半です。血便が出た方はもちろんですが、大腸がん検診(便潜血検査)で陽性になった方は、大腸内視鏡検査は必ず受けるようにしましょう。

大腸ポリープの対策・対処法
大腸ポリープは大腸カメラ検査を行わなければ見つけることはできません。40歳を過ぎたら一度は受けたほうが良い検査の一つです。健康診断の便潜血検査は大腸がんの検査ですが、大腸ポリープから出血することもあります。便潜血検査で陽性になった場合は必ず大腸カメラ検査を受けましょう。

よくある質問

  • 大腸ポリープはどのような方に出来やすいですか?

    年齢(50歳以上)、家族歴(家族に大腸がんを患った人がいる)、肉食傾向、高カロリーな食事や肥満、酒の飲み過ぎ、喫煙される方にできやすいことがありますが、おなかの症状がある場合は40歳を過ぎれば一度大腸カメラをやることをお勧めいたします。

  • 大腸ポリープ切除をする場合、入院する必要がありますか?日帰りで切除ができますか?

    ほとんどの場合は日帰りにて切除することが可能です。ガン化している可能性のあるポリープや切除によって出血のリスクが高いと判断されるポリープに関しては入院して切除するほうが安全なことが多いため、その際には信頼できる医療機関をご紹介いたします。

  • 他院で大腸ポリープがあったのに切除してもらえませんでした。なぜですか?

    大腸カメラの検査でポリープがあっても切除せず、大きな病院に紹介するクリニックもございます。また、当院のように大きなポリープにて非常に出血のリスクが高い場合や入院が必要とされるようなポリープの場合、ガンの可能性があるような病変の場合は切除せず信頼できる基幹病院へご紹介することもございます。