MENU

脂肪肝FATTY

脂肪肝はこんな病気です。

こんな症状で
困っていませんか?
CHECK

  • 糖尿病である
  • 高血圧である
  • 脂質異常症である
  • 20歳の時から体重が10キロ以上増えた

上記の症状が多数当てはまる方は脂肪肝の可能性があります。

脂肪肝とは

脂肪肝とは肝臓の細胞に中性脂肪が異常に蓄積した状態をいいます。健診の値でGOT、GPT、γGTPなどの上昇を指摘されて発見されることが多くあります。肝臓の細胞に脂肪が沈着すると、肝細胞がダメージを受け肝機能が悪化します。肝疾患の中でも脂肪肝の占める割合は多く、健診受診者の20-30%は脂肪肝を伴っており、男性に多く、30歳代から50歳代までは20%以上に合併しています。女性には40歳代後半から徐々に増加し50歳代後半では男性とほぼ同じ15%程に達します。
脂肪肝は大きくわけて飲酒によるアルコール性の脂肪肝と、アルコールには無関係で肥満や高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に合併する単純性脂肪肝、また単純性脂肪肝が重症化した非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に分類されます。アルコール性脂肪肝は禁酒で大きく改善いたしますが、NASHの場合は肝硬変や肝臓がんへ進展する場合があり、正確な診断と治療、経過観察が必要です。

  • 正常は腎臓と肝臓は同じ程度の色合いですが、脂肪肝になると肝臓がエコーで白っぽく見えるようになります。

脂肪肝の主な症状

自覚症状はありません。健康診断で指摘されることがほとんどです。
ただし、生活習慣病を合併することが多いので、糖尿病、高血圧、脂質異常症などをもっている方や、体重が20歳の時より10㎏以上増えていたり、短期間で急激な体重増加がある方などは脂肪肝になっている可能性が高いです。

脂肪肝の原因は?

一番の原因は肥満です。余計に取りすぎた糖質(炭水化物)は肝臓で中性脂肪に変化し、肝臓内に蓄積します。これが脂肪肝の原因になります。糖質を取りすぎる人は、糖尿病にもなりやすくなります。糖尿病と脂肪肝は密接に関係しており、脂肪肝になるとインスリンというホルモンが効きづらくなります。インスリンは血糖値を下げる重要なホルモンで、これが効きづらくなると糖尿病になります。ですので、糖尿病にならないようにすることは、脂肪肝にならないようにすることとほぼ同義です。また、アルコールも脂肪肝の原因の一つです。アルコールを代謝する過程で中性脂肪が作られますが、これが肝臓に蓄積して脂肪肝になります。

脂肪肝の治療

脂肪肝の治療は基本的に生活習慣の改善がメインになります。ダイエット・運動・食べ過ぎを控えることは重要です。
とりわけ重要なのは「ダイエット」です。脂肪肝という病気は「脂肪」という言葉があるため、脂っこいものを食べて脂肪肝になるとお考えの患者様が多いですが、脂肪肝で一番減らしたいのは「糖質(炭水化物)」です。食事で取った糖質(炭水化物)はブドウ糖に分解・吸収され、生きるためのエネルギーとして使われます。しかし、食べすぎや運動不足により余ってしまった糖質は中性脂肪に変換されて肝臓に蓄積されます。また中性脂肪そのものも肝臓で蓄積されていきます。飲酒によって体内に入ったアルコールが分解されるときに中性脂肪が作られます。ただ、肝臓は体にエネルギーが足りなくなった時に蓄えられた中性脂肪を再度、糖質にもどしてエネルギーとして使うこともできるのです。体内では基本的に糖質(炭水化物)を第一にエネルギーとして使うので、糖質や中性脂肪の摂取を減らすことで、足りない分のエネルギーを肝臓に蓄えられていた中性脂肪で補うようになります。結果、肝臓の脂肪が減少し、肝機能が改善するというわけです。食事療法や運動療法を組み合わせた減量によって7%の体重が減少すると肝臓の炎症は改善するといわれています。

脂肪肝の対策・対処法
飲酒の習慣がある人は、アルコールの過剰摂取に注意しましょう。間食や脂肪分の多い食事、運動不足は糖尿病や脂質異常症の原因になります。一番は糖質(炭水化物)の取りすぎに注意することです。特に清涼飲料水や果物は吸収が良く、急激に血糖値を上げることになるため、過剰な糖質が肝臓に中性脂肪に変換されて蓄積されます。注意してください。血糖値の上昇を緩やかにすることは脂肪肝の予防には有効です。ご飯やメインとなるおかずを食べる前に、サラダやキャベツの千切りなどを食べると血糖値の上昇が緩やかになるため効果的です。もちろんストレスや喫煙などは脂肪肝に限らず様々な病気の原因になるため、裂けたほうが良いでしょう。

よくある質問

  • 脂肪肝を改善させる期待ができる食事メニューを教えてください

    低糖質、低脂質の食事が良いと思います。肝臓に蓄積した中性脂肪を燃やすためには、摂取する糖質を減らすことが重要です。

  • 脂肪肝の指標となる数値を教えてください。

    基本的にはALT(GPT)やγGTPが高くなった状態ですが、これらが高くなる病気は脂肪肝以外にもたくさんあります。脂肪肝と診断するには、詳細な問診とその他の肝臓病でないことを確認すること、腹部超音波検査などで総合的に判断します。採血結果だけで評価することはほぼありませんので、医師にご相談ください。

  • 脂肪肝の場合、疲れやすくなりますか?

    脂肪肝がひどくなり炎症が強くなると疲れやすくなることはありますが、かなり肝炎が強くないと症状は出ないと思います。ただし、脂肪肝がかなりひどい状態だと、糖尿病なども合併していることもあり脂肪肝単独で疲れがひどくなることは多くないと思います。