MENU

食道癌CANCER

食道癌はこんな病気です。

こんな症状で
困っていませんか?
CHECK

  • 食べ物が落ちていかない感じや違和感
  • 胸にしみる感じ
  • 胸の痛み
  • 咳や声のカスレ
  • 体重の減少

上記の症状が多数当てはまる方は食道癌の可能性があります。

食道癌とは

食道がんとは食道粘膜にできる悪性腫瘍です。食道がんは主に扁平上皮癌と腺癌の二つに分けられます。食道がんのうち90%を占めるのは、食道本来の粘膜である扁平上皮から発生する扁平上皮癌です。食道腺癌は、逆流性食道炎のため胃と食道のつなぎ目の部分がただれてしまうと、扁平上皮が胃の円柱上皮に置き換わってしまうことがあります。これをバレット食道と言いますが、バレット食道からできるガンをバレット食道癌(食道腺癌)と言います。
食道がんはは男性にできやすい傾向があり、50歳代から増加をはじめ、70歳代でピークを迎えます。

食道がんは次第に食道壁の奥に進行していきます。がんが食道の壁の粘膜内にとどまるがんを早期食道がん、粘膜下層までしか及んでいないがんを表在食道がん、それより深い層まで及んでいるがんを進行食道がんと呼びます。進行がんになると転移の可能性が出てきます。血管やリンパ管に癌細胞が浸潤すると肺や肝臓、骨、リンパ節などに転移します。食道の壁を超えると周囲の臓器に直接浸潤することもあります。

  • 飲み込みづらさを訴えられて行った胃カメラ検査で発見された食道癌です。画面中央に赤みが強く白い斑点が付着するように盛り上がっている部分が食道癌です。進行がんでしたので、化学放射線治療となった症例です。

食道癌の主な症状

食道がんは初期には自覚症状はありません。健康診断や人間ドックの際の胃カメラ検査で見つかることがあります。がんが進行して大きくなると、食べ物が落ちていかない感じや違和感、胸にしみる感じ、胸の痛み、咳や声のカスレ、体重減少などが起こることがあります。

食道癌の原因は?

食道がんの危険因子は扁平上皮癌と腺癌で異なります。
食道がんの中でも90%を占める扁平上皮癌の原因は、飲酒と喫煙です。飲酒と喫煙の両方があるとさらにリスクは高まります。タバコにはいくつもの発がん性物質があり、これらが扁平上皮をガン化させます。また、飲酒によって体内に生じるアセトアルデヒドも発がん性物質です。日本人にはアセトアルデヒドの分解をする酵素の活性が弱い人が多く、これらの方々は顔がすぐに赤くなります。ですので飲酒で顔が赤くなる方(=酵素の活性が生まれつき弱い方)は食道がんのリスクが高いのです。そのほか熱い飲み物や食道アカラシアという病気の人などにリスクが高いといわれています。
一方で食道腺がんのリスクは逆流性食道炎、バレット食道、肥満や喫煙などが明らかになっています。(バレット食道のページを参考にしてください。

食道癌の治療

がんの進行度合いを確認したうえで、適した治療を検討していきますが、早期食道がんに関しては外科手術ではなく、内視鏡にて治療ができことがあります。この治療を内視鏡的食道粘膜下層剥離術(ESD)と言います。
食道がんの深さが粘膜内に留まるものを早期食道がんと言います。早期食道がんは内視鏡で粘膜を切除してしまうESDの良い適応です。粘膜を超えて粘膜下層までにとどまるがんを表在型食道がんと呼びます。粘膜下層を超えて深くなれば深くなるほどリンパ節転移の可能性が高くなります。内視鏡で粘膜表面の模様などをよく観察して、どの程度深くまで癌が進展しているかを予測して治療に当たります。明らかに食道壁の奥深くまで入っている場合は、手術は化学放射線療法となりますし、判断が難しい場合にはESDを先行させて、どれだけ癌が進行しているかを判断し、必要なら追加で手術や化学放射線療法になることもあります。
進行がんになると治療による体への負担や再発のリスクは、胃がんや大腸癌にくらべて大きくなります。体力的に手術が難しいと考えられるときには、放射線治療と化学療法を組み合わせた治療を行います。

食道癌の対策・対処法
初期の食道がんは自覚症状がないため、健康診断などや胃の調子が悪いときにやる胃カメラで偶然見つかるケースがほとんどです。原因でお示しした飲酒や喫煙、お酒で顔が赤くなる体質の人、逆流性食道炎やバレット食道を指摘されている方などのリスクが高い方たちは定期的な内視鏡検査雄おすすめいたします。バリウムによる胃がん健診では早期の食道がんの発見は困難です。

よくある質問

  • 食道癌にならないためにはどうしたらよいですか?

    リスクが高いのは飲酒と喫煙です。飲酒は特に顔が赤くなる方が特にリスクが高いです。喫煙は肺がんや喉頭がん、膀胱がんなど多数のがんを引き起こすきっかけになるためぜひ禁煙をお勧めいたします。

  • 食道癌の初期症状は?

    早期の食道がんの症状はありません。たまたま行った胃カメラ検査などで発見されることがほとんどです。