○逆流性食道炎・胃食道逆流症

逆流性食道炎(胃食道逆流症)とは胃で分泌される胃酸(胃液)が、食道に逆流してしまうことで、胸焼けや酸っぱい液体が戻ってくるような呑酸などの不快な症状を感じたり、食道の粘膜がただれたり(食道炎)する病気です。加齢や食生活の欧米化、喫煙・飲酒などの生活習慣、肥満が要因となり、近年増加しています。主な症状は、胸やけ、胸の痛み、長く続く咳、のどの違和感などです。当院では専門外来を設けております。詳しくはこちらへ。
 

○好酸球性食道炎

逆流性食道炎を疑って内視鏡検査をやると時々見つかる特殊な食道炎です。何らかのアレルギー反応が原因と考えられ、白血球の中の好酸球という細胞により炎症が起こされます。逆流性食道炎と同じように胸焼けや胸の痛み、食べ物のつかえ感を来します。基本的には逆流性食道炎の治療と同じように胃酸を抑えるお薬の内服で改善する方がほとんどですが、十分でない場合はステロイドによる治療を行うこともあります。

【好酸球性食道炎】食道に縦走する浅い溝が見えたり、輪状の溝が見えたりするのが特徴です。組織の検査をしないと確定診断できません。

○カンジダ性食道炎

カンジダとは真菌と呼ばれる、いわゆるカビです。カンジダは人間の皮膚などに住み着いている常在菌の一つです。カビですので湿った環境を好み、口の中や食道の粘膜などはカンジダが繁殖しやすい場所になります。健康な人でも食道に白い点状の苔のようなものが見えますが、特に症状はありませんし、治療が不要のことがほとんどです。ただし、免疫力が低下した状態になるとカンジダが増殖し、食道に炎症を起こすことがあります。炎症を起こすと抗真菌薬等をつかって治療をすることがあります。

【カンジダ性食道炎】白っぽい酒粕のようなものが付着しています。カンジダという真菌です。この程度では症状がないことがほとんどです。

○食道裂孔ヘルニア

胃と食道のつなぎ目が緩くなってしまい、胃の内容物が食道に逆流しやすくなっている状態です。軽度のものがほとんどで無症状のことが多いですが、緩みがひどくなると、げっぷや胸焼け等の原因となることがあります。あまりにも症状がひどい場合は手術が必要なことが稀にあります。

○食道アカラシア

食道裂孔ヘルニアとは逆に胃と食道のつなぎ目がきつい為、食べ物が胃の中に落ちていかず通過しにくくなってしまう病気です。食べ物が通りにくいため、本来胃の中に入るべき食べ物が食道内に停滞してしまい、胸焼けや胸の痛み、つかえ感、嘔吐等の症状を起こします。本来、食道の中には液体は貯留しませんが、アカラシアの方は内視鏡をすると食道の中に液体が溜まっていることが多いです。内服薬でまずは治療しますが、効果が低いこともあり、内視鏡的な治療が必要になることがあります。

○マロリーワイス症候群

胃と食道のつなぎ目の部分の粘膜の表面が裂けてしまい出血してしまう病気です。お酒を飲みすぎて、数回嘔吐を繰り返していることがきっかけで、出血してしまうことがあります。ほとんどの場合は自然に止まりますが、稀に大量出血をすると内視鏡にて止血を行わなければ成らなくなります。

○バレット食道

食道の粘膜の細胞と胃の粘膜の細胞は異なるものですが、胃の細胞が食道に登ってきてしまい、食道の粘膜が胃の粘膜に置き換わってしまうことをバレット食道といいます。逆流性食道炎などが原因となります。バレット食道は病気ではありませんが、バレット上皮の部分から食道がんが発生することがあるため注意が必要です。欧米人はバレット食道の範囲が広く、バレット食道癌のリスクが高いですが、日本人はSSBEと呼ばれる比較的狭い範囲のバレット食道の方が多いです。SSBEは欧米人に比べリスクは低いと考えられていますので過剰な心配はいりませんが、定期的な内視鏡検査を受ける必要性はあると考えます。

【SSBE】赤い部分が胃の粘膜があるべきところですが、緑色の矢印の食道の部分まで胃の粘膜が上ってきてしまっています。

○食道がん

食道にできる癌です。アルコールとタバコがリスクとなります。特にアルコールを飲むと顔が赤くなる方は要注意です。胸が詰まる感じ、しみる感じ、飲み込みにくいなどがきっかけで内視鏡検査を行い、発見されることもありますが、初期は全く症状がないため、健診などをきっかけに見つかることもあります。早期に発見できれば内視鏡による治療も可能です。

 診療時間

午前外来  9:00~12:00
内視鏡検査 予約制 12:00~15:00
午後外来  15:00~18:00(土曜は15-17時)
休診日  日曜・祝祭日
 ※都合により臨時休診になる場合があります。
 
  午前外来
9:00~12:00
午後外来
15:00~18:00

完全予約制

15:00~17:00
休診 休診
内視鏡検査 完全予約制 12:00~15:00
 
診療日カレンダー
ささき医院からのお知らせ
ただいまお知らせはありません
 

<ささき医院のお腹の専門外来>

<消化器疾患について>

【杉並区宮前】
内科・消化器内科・小児科
ささき医院
〒168-0081 東京都杉並区宮前1-14-10
TEL:03-3332-4841
© Sasaki Clinic. All Rights Rserved
診察・検査の予約はこちら診察・検査の予約はこちら
 
WEB問診WEB問診