血便ではありませんか?

下痢でお困りではありませんか?
排便後に便器が赤くなったり、大量の出血、または真っ黒な便などを見たことはありませんか?
患者さんの訴えで多いのは以下のような訴えが多いです。
 
  • 便に血が付着しているのが目で見てわかる。
  • 排便後のお尻を拭いたペーパーに血がついた。便器が赤くなった。
  • 肛門から血液が垂れている。
  • 苺ジャムのような赤いねばねばした便がでた。
  • 下痢の中に赤いものが混ざっている。

血便の種類

血便は出血した場所や出血した量により、色や形をさまざまに変えます。患者さんもご自身の血便を、初めてみる方が多い為、焦ってしまってすぐにトイレに流してしまったりすることも多いですが、不安な場合はまず落ち着いてスマートフォンの写真などにとって医師に見せてください。
 

〇黒色便(タール便)

口に近い胃で出血をしている場合は、胃酸と血液が混ざり合うことでイカ墨のような真っ黒の便になります。急激に出血すると血圧が下がり出血性ショックを起こすこともありますし、長い時間をかけて徐々に出血をしていくと自覚症状の乏しい高度の貧血をおこします。胃・十二指腸潰瘍や胃癌などが黒色便(タール便)を起こす代表的な疾患です。これを認めた場合には胃の内視鏡検査による精査が必要です。貧血治療のための鉄分の内服を行うと薬の副作用で黒色便になりますので要注意です。
 

〇暗赤色便

濃いレンガ色のような便の色です。比較的大腸に近い小腸や大腸からの出血があると消化液と混ざり合うことで、暗赤色の便になります。大腸の感染や血流障害による出血や大腸憩室から出血が暗赤色便を起こす代表的な疾患です。これを認めた場合には腹部超音波検査や大腸の内視鏡検査にて精査を行います。
 

〇粘血便

べたべたとした粘液に血液が混ざったような便を粘血便といいます。便がマーブル模様になったり、苺ジャムみたいな便と表現する患者さんもいます。赤痢アメーバといった感染症や炎症性腸疾患などで見られることがあります。原因精査の為には大腸内視鏡検査はかかせません。
 

〇鮮血便

真っ赤な血液が便に混じったり、排便時に紙に真っ赤な血液が付着したり、便器が赤くなったりします。肛門の近くで出血していることを意味していますので、いちばん多いのはいわゆる「痔」です。痛みもなく出血することがあります。「痔」ですので肛門の診察で原因がわかる場合もありますが、直腸癌でも鮮血便を認める可能性があり、詳細な問診や直腸診で判断し内視鏡検査で精査する必要性があります。

血便を起こす代表的な病気

◯大腸がん

大腸がんの大半は5ー10年と言う時間をかけて、腺腫性ポリープが徐々に大きくなり癌になります。癌というのは正常の組織ではありませんので、自然に組織が崩れ出血します。10mm程度の癌からも出血することもありますし、大きければ大きいほど出血量も頻度も多い傾向にあります。大腸がん40歳くらいからしばしば見られるようになります。小さいものは自覚症状がない場合が多く、便潜血検査による大腸がん検診がきっかけで見つかることも珍しくありません。明らかな血便で見つかる場合は比較的大きい場合が多く、進行している可能性が高いです。大腸がんは早期発見・早期治療で完治する可能性が高い為、ご家族に大腸がんの方がいる患者様や40歳以上の血便がでた方は内視鏡検査を強くお薦めいたします。 

 【進行大腸がん】
大腸の内腔に大きく盛り上がった進行癌です。
ここまで大きくなると、内視鏡での治療は難しく、手術になることがあります。
 
肛門の裏側にできた10mm程度の大腸がんです。
内視鏡を反転させないと見えず、非常に発見しづらい部分にありました。
◯潰瘍性大腸炎

10ー30代の若い方にも起こりうる血便を来す疾患の一つです。炎症性腸疾患と呼ばれる大腸粘膜の炎症を起こす病気で、医療費助成対象の難病に指定されてる病気です。普段の便通が軟便や下痢傾向で、粘液の様な血便を伴うことが多いです。重症化すると、腹痛や発熱を伴い、1日に10回くらいのひどい下痢や体重減少なども起こりえますが、大半は軽症の方で、適切な治療で健常な方と同じように日常生活を過ごすことができます。血便が出た場合は、肛門鏡をつかって直腸粘膜等を観察し、潰瘍性大腸炎を疑う場合は大腸内視鏡検査を行います。内視鏡をつかって大腸粘膜の組織を採取し確定診断を行います。治療は内服薬による薬物治療が中心になりますが、病状次第では血球成分除去療法や手術等を行うこともあります。

【潰瘍性大腸炎】
慢性的な下痢と時々出る血便を調べる為に行った内視鏡検査では、粘膜の炎症を認め、検査中に行った組織検査で潰瘍性大腸炎と診断しました。
 

◯痔

血便が出たとの訴えで当院にいらっしゃる患者様で一番多い病気です。
 

◯感染性腸炎(細菌性大腸炎やアメーバ等による腸炎)

感染性腸炎はウイルスや最近による腸の炎症を起こす病気の総称です。血便を特に起こしやすいのは、細菌感染による細菌性大腸炎です。
 

◯大腸ポリープ

文字通り大腸にできるポリープで、大腸ポリープには癌化する可能性のある腺腫性ポリープ、癌化する可能性の低い非腺腫性ポリープがあります。
 

◯虚血性腸炎

大腸に栄養を届ける血管の一時的な血流障害により、大腸の粘膜が一時的に阻血(虚血)状態となり粘膜が傷つき脱落する消化器疾患です。
 

◯憩室出血

大腸の壁は一部組織が薄く腸の外側に飛び出るようにくぼんでいる憩室という部分があり、憩室出血とはこの憩室から動脈性の出血を来す病気です。
 

◯クローン病

潰瘍性大腸炎と同じく大腸に炎症を起こす炎症性腸疾患ですが、大腸だけにとどまらず、胃や小腸、肛門などにも炎症を起こします。

血便でたらまずは受診を!

血便がでるのは病気のサインです。「ティッシュにはいつも血液はつくから大丈夫」とおっしゃった方は確かに「痔」もありましたが、同時に直腸癌にかかっていたこともありました。からだの些細な変化を都合の良い解釈をしないで、一度ご相談ください。
どんなタイミングで出血するのか?お腹の痛みはあるのか?毎日なのか時々なのか?普段の便の状況は?など問診を行い、原因を推察していきます。できる限り、血便が出たときのことを詳細に教えてください。

ささき医院の血便治療

ささき医院の下痢治療
ささき医院では血便がでた場合、詳細な問診・身体診察と共に、必要に応じて内視鏡専門医が大腸内視鏡検査を行っていきます。大腸内視鏡検査は腸の粘膜の状態を直接見ることのできる非常に有用な検査で下血の原因究明に非常に役立ちます。また、腹部超音波検査なども併用し、さまざまな角度から診断いたします。
 
当院の内視鏡検査の詳細はこちら
 
当院では24時間ネット予約も可能となっております。特にお急ぎや不安な方は直接当院にご来院されるかお電話でご連絡ください。
 
  24時間ネット予約

 診療時間

午前外来  9:00~12:00
内視鏡検査 予約制 12:00~15:00
午後外来  15:00~18:00(土曜は15-17時)
休診日  日曜・祝祭日
 ※都合により臨時休診になる場合があります。
 
  午前外来
9:00~12:00
午後外来
15:00~18:00

完全予約制

15:00~17:00
休診 休診
内視鏡検査 完全予約制 12:00~15:00
 
診療日カレンダー
ささき医院からのお知らせ
6月の休日診療のお知らせ

6月は休日診療はありません

詳しくは診療日カレンダーをご確認下さい。
 

<ささき医院のお腹の専門外来>

<消化器疾患について>

【杉並区宮前】
内科・消化器内科・小児科
ささき医院
〒168-0081 東京都杉並区宮前1-14-10
TEL:03-3332-4841
© Sasaki Clinic. All Rights Rserved
診察・検査の予約はこちら診察・検査の予約はこちら
 
WEB問診WEB問診